咳                                            2/1 2020                             

 

                         new

 

                 

 

 

                 《今月の高点句》

 

 

 

 冬の雨白鳥の背なへ容赦なし          佐代子

 

 

今日もまた凍て雲山を包みをリ

 

 

 

マスクして互い戸惑う目挨拶              順子

 

 

生け花の松の凛々しく初明り

 

 

 

 

 

 

冬ごもる青年神武ここかしこ   *  ずんぶ==東北弁) 宇則

 

 

寒烏アッコア三岳 お婆崩し  

 

 

 

在りし日の夫の煮凝り湯のみ酒         美代子

 

 

外国のチョコを器にバレンタイン

 

 

 

裸木にカラスくっきり誰を待つ            喜久巳

 

 

地蔵様の帽子に似合う毛糸編む

 

 

 

除夜の鐘煩悩の数生かされて           博三

 

 

来年の欠礼告げて年賀状

 

 

 

恒例の華やぐ声や女正月               しづ子

 

 

大寒に上着脱ぎ捨て外出す

 

 

 

カーテンの襞指定席冬の蝿             こつる

 

 

首傾ぐ陶狸居て冬温し

 

 

 

里淡く濃い年月や蕗の薹                美穂

 

 

 

咳きながら祓われる子や追儺式

 

 

 

 

                                                      寒      鴉                                                   1 /4 2020                             

 

                         

 

 

 

 様々のび包み大晦日

 

 

 

母の日や想いの匂う宅急便

 

 

 

黒豆の荷造り終わって見る空中

 

 

 

ジ・銃声 中村哲師の籾蒔かむ

 

 

 

耳篭る言葉の擦れずれ枯れざわわ      

 

 

 

氏神の空へ鈴の音初詣

 

 

 

すっと来てとんと下りたる初鴉

 

 

 

突風に羽を捲られ寒鴉

 

 

 

傍に降り来る鷺や大豆引く

 

 

 

感慨の無言で聞き入る除夜の鐘

 

 

 

気忙しく例年如き年の暮

 

 

 

着ぶくれてキャリーバックに腰おろし

 

 

 

 

アニメのような宮殿や冬休み

 

 

 

 

前夜祭のルミナリエ行く車椅子

 

 

 

 

冬の朝父に追いつく誕生日

 

 

 

 

耳かきで至福の刻やクリスマス

 

 

 

 

数え日や卒寿原稿横たわる

 

 

 

 

大年や猫と戯むる車椅子

 

 

 

羊日や音を溜めたる大駅舎

 

 

 

青竹を斜め切りする年用意

 

 

 

 

異教徒を入れない祠冬の草

 

 

 

 

 

  


 

 

    昔は、  ニ兎を追っても、たいがいは無理だった。しかし、今、絶対に不可能とは言切れない。

 

                           俳句と書の感情表現

には密接な深関係がある。

中学以来、習字に疎い暮らしをしてきたが、インターネットの目ざましい発展によって、下記の講座が目につき、覗いてみた。驚いたのは、一筆ひと筆の大きさ、長さ、 太さ、強弱、動静、硬軟、

伸び、流れ、溜め、払い、かすれ、にじみ・・・人類史のくなんとによって、この世の森羅万象の風情が表されていること。《執筆中》

 

 

 




  

宮本武蔵 筆

 



《制作・編集中》